こんばんは!

今日は旧ブログでも似たようなことを書いた記憶がありますが、
三連単軸一頭流し(マルチ)の注意点とは?として書いてみようと思います。

 

注意点と言うか、「え、分かってやっているんですよね?」といったお話ですね。使いどころ、タイミング、三連単の特性ちゃんと理解しているか、ですね。

そう難しい話ではないですし、目からうろこのことは書いていませんので、お気楽にお付き合いください。

スポンサーリンク


三連単軸一頭流し

三連単軸一頭流し(1着)…競馬新聞などで使われる記号であらわすとこのような形でしょうか。

◎→〇▲☆△△△△△→〇▲☆△△△△△△

三連単軸一頭流し…軸馬を一頭決めて、相手を2列目・3列目同数に流す(変化をつける場合三連単フォーメーションとなりますね)。

 

この三連単軸一頭流しを活用する時は「いつでも!」「毎回!!」ではないことは余程頭の中がお花畑の方でない限り分かると思いますが…三連単軸一頭流しを活用しても良いときは、、、

1、勝つのはこの馬!
2、相手は誰が来るか分からない(三連単フォーメーションにはできない)

時でしょうか。

 

三連単軸一頭流しを買う時の条件1つ目、「勝つのはこの馬!」はこれは当たり前のことですよね。1着固定(2着固定もありますがとりあえず)ですから。

そして、これも当たり前ですが相手は強調できる馬がおらず同一としての扱いの時です。絞れているならワザワザ点数を広げる必要はありませんから。
(ただし、「分かっていて」荒れる事期待して三連単軸一頭ながしで買うのはアリだと思います。)

ただ、極々当たり前のことですが、この三連単軸一頭ながしではあなたはそもそも…

 

「単勝」

を1点で当てる前提であるということは認識していますでしょうか?
(当然1着固定の馬単もですね)

三連単軸一頭流しは単勝に置き換えられる

三連単軸一頭流しは相手が5頭で(1頭→5頭→同一5頭)20点、6頭で30点、7頭で42点、8頭で56点。

そう、@¥100だとしてそのレースにおいてあなたは、単勝2000円、3000円、4200円、5600円買うつもりでその三連単軸一頭流しを買っていることになります。

 

そして単勝と違って三連単軸一頭流しは相手次第で「ハネ」る可能性がありますが、同時に相手が抜けてせっかく本命馬が1着になってもリターンがゼロになるというリスクも背負っているということをしっかりと認識する必要があります。

分かりますか?

せっかくあなたの本命馬が1着になってもリターンはゼロだということです。
(もちろんハネる可能性はあるワケですが)

 

その本命馬が1番人気だったら単勝のリターンもたかが知れていますが、5,6番人気で相手が抜けてリターンゼロだった時あなたは悶絶しないでいられますでしょうか?

リスクを取らなきゃリターンは得られません。ただ、それでも心が折れるような事態が想定できるなら買う馬券を選択する権利が私たちにあるわけですからしっかりと馬券の選択をしていきたいところです。

当然、◎→相手の馬単も同様です。(上記印なら馬単8点に置き換えられますね!)

合わせて「マルチ」に関しても少し触れて置いた方が良いと思いますのでサラッと触れておきますと…

スポンサーリンク


三連単軸一頭流し・マルチ

三連単軸一頭流し・マルチは「さらに」点数が爆発的に増える馬券です。

高校で習った数列的な話になってきますが…

三連単軸一頭流しで相手3頭=6点、4頭=12点、5頭=20点、6頭=30点、7頭=42点、8頭=56点が上記書いた三連単軸一頭流しの点数。

これに「マルチ」要素を入れ込むと×3の点数になります。
つまり、三連単軸一頭流し×マルチは相手3頭で18点、4頭で36点、5頭で60点、6頭で90点、7頭で126点、8頭で168点。

普通の感覚では…点数が流石に多すぎる(苦笑)

 

三連単軸一頭流し・マルチの買い時としては、、、

・1番人気が勝たないであろうレース(理想は馬券圏外に飛ぶ)

先ずはこれが大前提になると思います。
なんでか分かりますか??

 

三連単(単系馬券)がそもそも人気馬が頭(1着)ではリスクが高いだけ馬券だからです(「見た目の倍率ではない」と言うことをご理解いただいた上でですよ)。

馬券の種類と使い分け:3連単はJRAの優秀な営業マン??

コチラの記事でも書いていますが、「単系」馬券の「複系」馬券の特徴をしっかりと理解していれば「なぜ?」といった疑問はわいてこないはずですね。

理解できない様じゃダメダメダメですよ。

 

単系馬券のマルチ(ボックス)を買うと言うことは、人気薄が人気馬をやっつけるレースを前提として買わないと(結果人気順だった…は攻めた結果として受け止める)、「三連複」の方が(見た目の倍率ではなく)リターン効率がよいですからね。

それは、3連単の配当が3連複の6倍つくレースの方が少ない=人気順の決着が多いことからも分かると思います。←ここの意味が分からない場合…私の過去ブログを漁ればたくさんそういった記事が出てきます(手抜き!)。そのうちコチラのブログでも書くかも知れません。

三連単軸一頭流し(マルチ)のベターな買い方

三連単軸一頭流し、三連単軸一頭流し×マルチどちらにしても「主力」の馬券と言うよりは、「本線ボーナス馬券」としての活用が正かなぁと私は思っています。

3連複や馬連を購入した上で、◎が勝ちきって2,3着に印上位の馬が入った時のボーナスとして、◎→〇▲☆→〇▲☆(三連単軸一頭流し・相手3頭=6点)を買う。または人気と着順が入れ替わる可能性高いと思ってマルチ(18点)買う。

三連単軸一頭流しではありませんが私の場合は◎の2,3着付が好きなので(→三連単フォーメーションの買い方【2、3着付け】が好きな理由

〇▲☆→◎→〇▲☆、〇▲☆→〇▲☆→◎を買う。などですね。

 

もちろん時に手広く買って「大荒れ期待」馬券を購入することもありです。ただそれは「いつも」でなないことは、上記に書いた通りです。

競馬は知的なギャンブルですから、脳みそに汗かいて予想・脳みそに汗かいて買う馬券を決めて大きなリターンを得たいものですね。

 

いかがでしょうか。

極々、極々、極々当たり前のことですが、「分かって」やっていることでしょうか?

三連単の売り上げが最も多いことは事実としてありますが、そもそも三連単は買わない、という方も多いと思います。でも、三連単を買う時、買うならこう買うなど、ヒントは少しばかりですが書いているつもりです。

いざ勝負!と言う時に馬券の買い方の引き出しの一つとして持っておくと良いこともあるかも知れません^^

※このような馬券の買い方ネタ記事は毎週火曜日に書くようにしています。

月:回顧、火:馬券ネタ、水・木:週末考察、金:自由、土日:予想がスタンダードです。※平日は18時更新、土日ランダム。

最近の重賞では目黒記念で☆◎〇結着でした(´▽`*)
七夕賞では馬連23,250
レパードS△☆◎で3連複10万馬券←new

基本上から目線のブログですがちょっとでも参考・気づきになることを目指して書いていますので、宜しければ→馬券は買い方勝負!(TOPページに飛びます)ブックマーク、お気に入り登録頂いてご愛顧頂けますと幸いです。

スポンサーリンク