こんばんは!

馬単マルチの買い方で悩むなら、 馬単+馬連が良いよ!といった記事を書いていこうと思います。

 

「馬単」で検索をしてみると、「馬単マルチの買い方」で検索をしている人が多い事に気づいたからです。

と、いっても過去記事(旧ブログ→転載:馬連&馬単【馬券の買い方】:自分の考えを馬券に落とし込む )である程度言いたいことは書いているのですが…

当然私のブログを読んでいる方には届いていますが未読の方には届いていない(何の使命感だ?苦笑)ので改めて書いておこうと思います。

 

あ、馬単マルチを買えってお話ではないので、馬単マルチを肯定して欲しい方はそっとこのページを閉じてください(一応、どういう場合なら良いのかは記しますが)。

それでは、お気楽によろしくお願い致します。

スポンサーリンク


馬単マルチの買い方で悩む?

一応最初の馬単マルチの買い方、買い時について書いて、とりあえずそれをやっつけてから本題にいきましょうか。

馬単マルチって、馬単の裏表(ウラオモテ)を買うと言うことです。

 

A→BとB→A=馬連1点A~B

A→B、A→C,B→A、C→A=馬連2点A~B、C

要は点数で言えば、馬連の2倍の点数になります。

 

じゃあ配当は馬連の2倍になるのか?と言われると確率で言えばNOが多いわけです。この理由がわからないよーと言う方は、馬券検定5級も受からないですよ?(そんなものありませんが…たぶん)

このブログの「馬券の買い方」というカテゴリーを漁ればいろいろ出てきますので今回はこの話題割愛致します。

 

ざっくりだけ言えば馬単、3連単の「単系」馬券は人気薄が頭=1着で人気馬をやっつけてこそ意味のある馬券というわけです。

1番人気→3番人気ではなく、3番人気→1番人気。
1番人気→2番人気→7番人気ではなく、2番人気→7番人気→1番人気。

つまり、確率的には人気馬が勝つ確率が高い競馬において、「お得」でない馬単を買う馬単マルチという馬券の買い方はトータルで観ればよろしくないと言うことです。

 

馬単マルチを買うなら馬連単価を2倍で勝った方がお得、となります。

※ただし、あなたが「人気馬をやっつける可能性がある」と考えるレースであれば、馬単マルチという買い方は意味がでてくると言えます。勝たない馬キャラなのに1番人気の馬がいるとか。

結果、人気馬が勝てば馬連2倍の方がお得となりますけどね。

 

あとは自己判断。

と、まずは、この安易に馬単マルチの買い方を少し叩いておいて(と言いつつも、変な馬が勝てば相当跳ねますからね。特に単勝1倍台の馬が2着に負ければ、と言うか3着以下になればベストですが)言いたい事へ繋げていきます。

スポンサーリンク


馬単買うなら馬単マルチよりこの買い方!

馬単マルチを軽く(?)叩いたところで、じゃあ馬単の買い方としてはどうすれば良いのかについても書いておこうと思います。

……そもそも馬単の1着流しにしますか?

でも、その場合この馬券ではダメでしょうか??

 


はい、考えてみましょう。頭の体操がてら。





は、そうですね。単勝1点ではダメでしょうか??

馬単1着流しで何点買うかにもよりますが、

3点、5点、10点…

レースによって点数は変わってくると思うんです(全てのレースで点数が同じと言うことの方がおかしな話。)

 

馬単1点買いが最もムダがないことは誰にでも分かりますが、レースによっては3点、5点、いやいや10点は買いたい(荒れる要素ある)!というケースが普通です。

でも、それ単勝1点じゃダメでしょうか?

せっかくあなたの本命が勝ちきったのに相手絞り過ぎて、リターンゼロ。
せっかくあなたの本命が勝ちきったのに相手が抜けて。リターンゼロ。

 

少し、馬単マルチの話、買い方の話からずれてきましたが、これから書くことは少しだけこういったお話にも重なってきます。

先ずはここは「当然」の発想として持っておいた方が良くて、理想は、単勝+馬単1着流しを買うこと。上手く行けば単勝と馬単のW的中、相手が抜けても最低限単勝は当る。相手が人気で馬単がたいしてつかなくても単勝でフォローできる。

これと同じことを馬単メインで買う買い方を記しておきます。

スポンサーリンク


馬単マルチの買い方より馬単+馬連

まあ、表題に書いていることですが、馬単マルチを買うくらいなら、そもそも馬連のみ買うという選択肢がひとつ(上述の通りの「条件」なら馬単マルチも選択ありと言えばありですが)。

そして、もう一つが、、、

 

「馬単(1番人気以外1着)+馬連」

です。

上記したことの回収がここでようやく行われます(長かった…)

1番人気1着固定の馬単はリスクの割にリターンが少ないのでそもそもこの形をとらない。と言うか、馬単買うだけムダ。

 

1番人気以外で(できれば少しでも人気がない馬)勝ちそうな馬を買う時に、「配当妙味のある馬単」と「2着に負けたときにもあたる馬連」を買う。

つまり、勝ちきれば妙味ある馬単と、馬連のW的中がある(馬単マルチという買い方では、W的中はなく片方が無駄馬券となる)。

2着でも馬連が当たる。

 

といった形がとれます。

もちろん3番人気→5番人気だと書いてきたとおり馬連の方が「お得」となりますが、少なくても1,2番人気が馬券に絡んでいないので馬単の配当も妙味あるものになるし、当然馬連もよい配当になります。

先の記事→馬連&馬単【馬券の買い方】:自分の考えを馬券に落とし込む

こちらで一つの例、昨年書いた別記事で、

 

こんな馬券も紹介していましたが、まさに意味のあるW的中となっています。(クイーンC◎テトラドラクマ、1番人気飛んで相手荒れると思い均等多点買い)

ちなみに、馬連と馬単を同じ点数買う必要はなくて、

馬単は印をつけた馬に、馬連は軸馬に勝つ馬可能性ある馬だけにもあり。(もしくは傾斜つけて)

馬単:A→B、C、D、E,F、G,H
馬連:A~B,D,D

みたいな形でも良いですし、「勝たないと思った馬=人気薄」が勝ては馬単はハネますから、100円だけは買っておいて、本線は買いたいだけ重ねるとか。

 

いかがでしょうか。

馬単マルチの買い方を検討する位なら、「自分の意図を馬券に落とし込む」馬単&馬連。

必ずこう買いましょうと言った話ではなく、もうお分かりかと思いますが、馬単と買うということはどういうことなのか、どういった時なのかをしっかりと考えて、競馬をより楽しんでいきましょう!

逃げ馬の見つけ方|回収率は逃げ馬さえ見つかれば上がる?

過去ネタ一個復習いかがでしょうか?
他は、カテゴリー「馬券の買い方」を漁ってみてください^^

スポンサーリンク