こんばんは!

馬連ボックスが馬券の買い方としてアリかなしか…ゆるーく書いてみようよ思います。

 

馬券の買い方についてはいろいろと偉そうに記事を書いていますが、果たして今日はどんな結論に達するのか…

暑くて頭が回らない中ですが、
優しい目でご覧いただけますと幸いです。
 
【最新G1考察記事!過去10年3着内26/30頭に該当するデータ!】※記事下にもリンク用意しています。
宝塚記念2020予想オッズ×データ×各馬考察
 
スポンサーリンク


馬連ボックス買い方としてアリかナシか

馬連ボックスという馬券の買い方がアリかナシか…

まず、結論から言いますと、、、

 

「ケースバイケース」

 

………終わってしました(´▽`*)これで終わってはせっかくお時間割いてみて頂いているのに申し訳ないので簡単にコメント付けをしておきます。

 

まず、馬連ボックスという買い方は選んだ馬、3頭でも4頭でも8頭でも、1,2着の組合せ全てを買う馬券の買い方です。

これは大丈夫ですよね??

3頭なら3点
4頭なら6点
5頭なら10点
6頭なら15点、、、

と、購入点数が増えていきます。

 

この馬連ボックスという馬券の買い方の良いところを先ずあげると…

1、思いもよらぬ組み合わせが取れることがある
2、本命馬が決められないレースでも馬券を楽しめる
3、保険

といったところでしょうか。

 

1番に関しては言うまでもなく5頭ボックスという馬連の買い方を選択すれば、仮に1~5番人気を5頭ピックアップしたとして、4・5番人気の組合せの馬連が獲れる可能性がある。

ピックアップ次第では5・8番人気という組み合わせもです。

 

ただ、同時にマイナスの要素も考えておくと、1番人気絡み結着だとトリガミ、またはリターンどれだけ望めるの?となります。

これはレースの人気割れ次第ですが、1番人気~5番人気までの組合せが10倍以下で10点買っていたら「当たっても4割の確率でトリガミ」です。これじゃあ意味がない。

 

ただ、発想を変えてみると、
「怪しい1番人気がいる」なら話は別です。

分かりやすい例として何度も使ってしまって恐縮ですが、「怪しさしかなかった」タイムフライヤーの若葉Sなどは馬連ボックスという馬券の買い方を「積極的に」選択肢して良いレースと言えます。

 

もちろん、タイムフライヤーが怪しい&ほかに信頼できる馬がいるならボックス馬券で無駄に点数を増やす必要なんてありません。

しかし、ダントツ1番人気が飛ぶ条件がそろっていて配当がハネル可能性あるなら100円だけでも馬連ボックスという買い方をした上で、アナタの「本線」を買えば…

3番の「保険」をかけたことにもなりますよね?

スポンサーリンク


馬連ボックス買い方は初心者にオススメ

これは誤解をまねきそうなのでしっかり補足もしておきますが、馬連ボックスという馬券の買い方は初心者の方にオススメです。

と言っても7頭も8頭も選んでいてはお金がもったいないので、、、
多くても5頭、良いところ4頭を選んで…かな、と思います。

 

4点=600円でレースを楽しめるワケですから初心者が競馬場でワイワイ楽しむには丁度良いと私は思います。

そしてこれは上記2番にも少し当てはまってくる部分があって…

 

「本命馬が決められないレースでも馬券を楽しめる」

レースによってはどうしても本命馬が決められないレースもあると思うんです。

それでも、先ほどのタイムフライヤーの例ではありませんが、

・1番人気が怪しい
・逃げ先行決着までは読めている
・上下の評価はつけられないが4頭なんだよなー

こういった時は、馬連ボックスという買い方が多いに「アリ」です。

 

例えば先日のエルムSは私は結果として〇◎結着の馬連を◎が読めていたので◎から本線買いましたが、

「逃げ先行決着」まで読めていた方なら4頭選んで馬連ボックスでも最低200%(2・3番人気の組合せで1270円ですから)にはなったわけです。

ひょっとしたら選んだ他の先行馬が頑張ってくれたりすれ大きくハネた可能性もあります。

 

また、3番「保険」に関しても触れておくと、
◎からの馬連や他の3連系の馬券などを勝っていた時、◎〇▲☆馬連ボックスを買っておくと…

配当にもよりますが◎が飛んで行ってしまってもトントンや穴馬が混じっていたらそれだけでもプラスになったりします。

 

馬連ボックスという馬券の買い方を「メイン」ではなく「保険」と捉える。この発想も重要かと。1番人気の連対率(5割=5割は馬連の馬券に絡まない)を考えれば決して悪い選択であるとは思いません。

 

いかがでしょうか。

冒頭で書いた通り馬連ボックスという馬券の買い方がアリかナシか…が「ケースバイケース」である理由お分かりになりますでしょうか。

ただ、ダラダラと馬券を買っていてはダメです。
耳が痛いお話かも知れませんが全てのレース同じような馬券の買い方ではダメな理由も納得いただけると思います。

といった、馬券の買い方として馬連ボックス買い方としてアリかナシか?といったお話でした!

 
 
  
※このような馬券の買い方ネタ記事は毎週火曜日に書くようにしています。

月:回顧、火:馬券ネタ、水・木:週末考察、金:自由、土日:予想がスタンダードです。※平日は18時更新、土日ランダム。

基本上から目線のブログですがちょっとでも参考・気づきになることを目指して書いていますので、宜しければ→馬券は買い方勝負!(TOPページに飛びます)ブックマーク、お気に入り登録頂いてご愛顧頂けますと幸いです。
 
【最新G1考察記事!過去10年3着内26/30頭に該当するデータ!】
宝塚記念2020予想オッズ×データ×各馬考察

スポンサーリンク