チューリップ賞2018予想*オーシャンステークス2018予想

こんにちは!

チューリップ賞2018予想&オーシャンステークス2018予想をサクッとしていきたいと思います。

そういえば…ですが火曜日に書いたこの記事
三連単フォーメーションの買い方【2、3着付け】が好きな理由

 

「記事単体」として、平日にも関わらず昨年の有馬記念よりもアクセス頂きました。

どなた拡散力ある方がご紹介してくださったのか…状況は分かりませんが結構厳しい口調で書いていたので初めてご覧になった方には苦痛をともなったかも知れませんね(苦笑)

 

と、いうことで(?)チューリップ賞2018とオーシャンステークス2018予想です。
お気楽にお付き合いください。

スポンサーリンク


【チューリップ賞2018予想】

まさかの10頭だてということで、馬券的テンションはアレですが、レースとして見る分には面白そう。昨年阪神JFの1~3着がそろって出てきておりますし、また当然桜花賞出走権がない馬たちはここ狙いで来ていますし…いろいろと考えることが楽しいレースになりそうです。

 

週中の記事、チューリップ賞2018予想オッズみてアレコレである程度人気馬については私の見解を書いてきておりますが…

休み明けの実績馬VS桜花賞の出走権が欲しいお馬さん

の図式が基本路線です。

 

マウレアのような実績あれど確実に桜花賞の出走権が欲しいお馬さんも当然いますが。

過去のチューリップ賞からも阪神1600mという力が問われるレースである以上強い馬が強いレースをすることが普通ですが、取りこぼす時は競馬の基本「前」の馬が好走するパターン。

勝ちきらなくても「好走」ベースで考えれば普通に上位評価で良いと思いますが。

 

その意味で、、、

当初ラッキーライラック、リリーノーブルにぶつけるお馬さんを探そうとしていたのですが、オッズを考えるとぶつけるお馬さん2頭、相手2頭ではちょっとリターンが望みづらい。

それならということで、阪神JFでも本命にしてお世話になった、、、

 

◎リリーノーブル

として、相手に少しでも配当を押し上げてくれる(といってもたいした配当には…ですが)お馬さんを選んで馬券を組みたいと思います。

 

◯シグナライズ

前走は年明け京都の内を通った馬たちを外から捉えきれず、逆に外から差されてしまうレースでしたが、一度叩いて上昇、そして桜花賞に行くには是が非でも出走権が欲しい立場。ある程度前で競馬ができるのも強み。

距離は1600mが気性的にギリかもしれませんが、、、

▲サラキア

新馬戦は出遅れてーの、押し上げてーの、勝ちきりーのの独り相撲。1月の新馬戦、その時の2着馬、6着馬がすでに勝ち上がっておりそれなりの評価は必要かと。
ただ、1戦う見ただけで「たまたま」なのか「実力」なのかの判断は無理。

ここを見て先々どうなるか。

この2頭を相手に組み入れて「1、2、3番人気」の馬券なんていらん!って買い方をしたいと思います。

スポンサーリンク


チューリップ賞2018予想・印まとめ

◎リリーノーブル
◯シグナライズ
▲サラキア
☆ラッキーライラック
△マウレア
△スカーレットカラー
△サヤカチャン
△レッドランディーニ

馬券は◎〜◯▲〜印の3連複で当然☆絡み本線にせざるを得ない、下2頭は押さえ。3連複の重ね買いをメイン馬券にしたいと思います。

といった、チューリップ賞2018予想でしたー

スポンサーリンク


【オーシャンステークス2018予想】

オーシャンステークスは週中にアレコレを書いておらす…ですが、枠順もあまり(私の)思い通りにならずまた難解なのであまり時間をかけず、エイヤ!で予想をしました。

 

◎ロードクエスト

ここまで人気が落ちるなら一発狙ってみようかと。
中山芝が比較的好相性なのは、自身の問題よりも、他馬が止まるかどうか。その意味で前走シルクロードステークスは絶対的に無理なもんは無理という競馬でした。

今回も前が止まらなければそれまでですが…、、、それを見込んでの人気になっていますし買うなら今回な気がします。ダメでもともと。の精神で。

オーシャンステークス2018予想・印まとめ

◎ロードクエスト
◯ビップライブリー
▲ナックビーナス
☆ダイメイフジ
△ネロ
△アルティマブラット
△リエノテソーロ
△レーヌミノル
△フムノムーン
△ジューヌエコール
△ラインスピリット
△キングハート

3連系要員としては穴馬から買う以上ヒモは、、、というところ。

馬券はオッズみてですが、◎〜ワイドを買った上で、◎〜◯▲☆〜印3連複は買う予定。点数抑えるならワイドだけでも十分リターンはある人気。

といったオーシャンステークス2018予想でしたー。

それでは今日も競馬楽しんでいきましょう!!

PR【弥生賞は赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下

3月1週目は重賞3レース「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「弥生賞」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは分析結果です。

以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。
2017年は「赤文字のコラボ@指数」が4着まで並んでいます。つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

赤文字のコラボ@指数と騎手や前走データなどの情報を合わせると、弥生賞は見えてきた気がします。

そして、この弥生賞の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。まず会員登録してデータをチェックすることをおススメします。



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。
隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。
もちろん「オーシャンS」「チューリップ賞」も
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目していきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら