こんばんは!

東京新聞杯2018予想オッズをみてアレコレと各馬に対して思い込みと偏見を書いて考察していこうと思います。

今日が川崎記念であったことに気づいたタイミングで予想を書く時間がなく。。。

今年はちょくちょく手を出そうと思いつつもお約束はできないのでヌルッとお付き合いいただけますと幸いです。

 

それよりも確実に予想をする東京新聞杯!

ということで、東京新聞杯2018予想オッズみてアレコレです。
お気楽にお付き合いください。

スポンサーリンク


東京新聞杯2018予想のポイント

・追い込み馬は軽視

東京1600m、直線長いんだから差し馬っしょ!…が盲目的なイメージ。

 

ブラックスピネル、スマートレイアー、ヴァンセンヌ、ホエールキャプチャ、クラレント、ガルボ…

追い込んで勝った馬はいなくスマートレイアーは「逃げ」で新境地開拓。ブラックスピネルも差し馬大好きの調教師の意向を無視して逃げたブラックスピネルが勝利。ヴァンセンヌも中団からの差し。

 

2年前ボロクソに言ったダノンプラチナが4着に敗れたのもこの傾向から(いや…よく4着に来ましたよ実際)。

人気の追い込み馬を本命にするのは愚行。ヒモに入れるくらいの感覚で重視しても仕方ない。結果きてもどうせ人気馬ですから別に良いじゃないですか、のスタンス。

 

パッと東京新聞杯2018予想オッズを上位から見ていっても「後ろ」の馬が多く、前から「そこそこ」良い脚が使えれば馬券圏内はあって良い。

さすがに前と言っても全く脚が使えなかったらサクッと交わされます(苦笑)

と、こんなことを念頭に置きつつ東京新聞杯2018予想オッズをみてみると…

スポンサーリンク


東京新聞杯2018予想オッズ

1番人気 グレーターロンドン 3.0
2番人気 ダイワキャグニー 4.1
3番人気 リスグラシュー 5.7
4番人気 ダノンプラチナ 5.9
5番人気 クルーガー   6.9

netkeibaさんの東京新聞杯2018予想オッズより。
以下私の各馬に対する思い込みと偏見です。

 

◆グレーターロンドン
スケール・実績とこのメンバーではNO1。そして春の大きいところを狙うには賞金欲しい立場でモチベーションも高い。ただ、出遅れ率高いし後方からの競馬になるようなら東京新聞杯2018予想オッズ人気で本命にしたいタイプ&タイミングではないです。前走は中山で「田辺式」でるかな…と思いましたがコーナーで外に膨れ本当に「大外」になってしまい届かず3着。相手の一頭・ヒモなどの扱いが今回は良いかな…と思います。

◆ダイワキャグニー
「俺は騙されない」として弥生賞でも中山金杯でも評価を下げて何気に相性よい(切りどころとして)お馬さんです。今回東京新聞杯2018予想オッズ2番人気ですが「先行有利」の意識がファンにも付いているでしょうから1番人気になってもおかしくないかな、と。ただ、毎日王冠のようにため過ぎればサクッと交わさますので注意…と言いつつも今回はノリさん。普通に上位評価でよいお馬さんだと思います。本命にするか信頼の相手にするかは当日までに考えます。

◆リスグラシュー
昨年牝馬3冠で好走を続けた偉いお馬さんですが私の見解は…危うい。以前の回顧や予想オッズみてアレコレで書いてきた通り差し馬としては堅実ですがよい脚を使うとはいえ牝馬特有のキレがあるわけではないです。加えてマイルのスピード勝負も不安。内枠引いて思い切った先行策で後は野となれ山となれ…であれば分からないですが東京新聞杯2018予想オッズ通りの人気であれば重用する理由はなく、△評価、または買いたい穴馬がいるならそちらに印を回したいところです。

◆ダノンプラチナ
前走馬券的には「ここしかない」と思いお世話になったお馬さんなのですが、前述の通りこの手のお馬さんは東京新聞杯の「コンセプト」に合わない。復活勝利はオメデトウですが土曜日の競馬をみてよほど「向く」馬場にならない限り積極的に買いたいお馬さんではないです。3連系を買う場合の△が良いところじゃないでしょうか。勝たれたら勝たれたで良いですよ。悩んでも仕方ないお馬さんです。

◆クルーガー
前走京都金杯は通例にしたがって大外枠でサクッと嫌ったら見事に後ろからでも勝負になる馬場で勝ち馬ブラックムーンが大外ぶっこぬき、クルーガーも中程からしぶとく伸びて2着。馬群でも競馬できるので内枠引いて出遅れなければ東京新聞杯2018予想オッズくらいの人気なら買いたいお馬さんです。週中再びの雪予報もあり、ちょっと湿ったくらいはおそらくベスト。運も剥けばチャンスあるか。

スポンサーリンク


 

と、東京新聞杯2018予想オッズをみて書く馬にアレコレかいてみました。

まあみての通り、ダイワキャグニーとクルーガーが買いたいお馬さん。グレーターロンドンはとりあえずの上位評価…のイメージでしょうか。

さすがに能力が落ちてきているマイネルアウラート、力がここでは劣るディバインコードあたりが先行勢でしょうか。

 

そうなるとダイワキャグニーがもっとも「らしい」感じがしてワナっぽくも見えてきます(笑)追込み勢ではどうせ買うなら人気薄…でハクサンルドルフあたりの一発も一芸として面白いかもしれません。

まあ再びの雪予想、土曜日の馬場みて結論…ですね。

といった、東京新聞杯2018予想オッズみてアレコレでした!

PR【馬券内は意外にわかりやすかった】荒れる東京新聞杯

東京新聞杯のある指数データの結果です。

■東京新聞杯の見解
2017年~2014年までの結果をみると一見大荒れのように見えます。
しかし、僕の見解では2017年と2016年の結果だけで十分です。
理由は、指数というのはデータの蓄積。年々精度が上がります。
2017年万馬券、2016年30万馬券、2015年と2014年は10万馬券ほどの決着です。

注目点は【指数1位~4位まで】

2015年と2014年は10万馬券ほどの決着でしたが指数はボロボロ。
しかし、年々精度は上がり、2016年は30万馬券になりながらも指数3位4位が1着2着と好成績。
精度が上がってきている証拠です。2017年は万馬券決着でしたが、指数1位~4位でしっかりと3連単を的中させてきています。

東京新聞杯の指数は日曜当日昼、
サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開されますのでお楽しみに。
→ 無料会員登録ページ