こんばんは!

大阪杯2018予想オッズをみてアレコレと各馬に対して思い込みと偏見を書いていく考察めいた記事の後編です。

※この記事の後半に当日の大阪杯2018予想記事へのリンク貼っています。

 

日差しが……と暑さに弱い私に、花粉とダブルパンチで試練が、、な木曜日です。
ここ最近桜がとてもきれいでお散歩しながらパチリ、パチリしているのですが桜花賞まで、入学式まで持つのかしら?と心配にもなってしまいます。

…だから?と言わるとそれまでですので…

それでは大阪杯2018予想オッズみてアレコレ考察【穴馬編】、
お気楽にお付き合いください。

スポンサーリンク


大阪杯2018予想の前提2

・イメージは皐月賞?

詳細は昨日書いた記事→大阪杯2018予想オッズみてアレコレ考察

で書いた通りですが、大阪杯が行われる舞台は阪神2000m・内回りコース。
つまり「小回り」「直線坂」「2000m」と皐月賞が行われる中山2000mと条件が酷似しているということです。

 

ただし、皐月賞は連続開催の最終週で打ちの馬場が荒れているケースが多く、対して阪神2000mの状況は先週を見る限り内の馬場は綺麗。つまり中山2000mで行われる皐月賞より先行・内を通った馬が残る可能性が高くなる…

が、状況をつぎはぎにでも合わせた結果の「大枠」

 

違う点は距離適性関係なく「一生に一度だから」とマイラーでも出走している皐月賞、適性がもう分かっている馬達が出走する大阪杯。前者はペースが上がれば消耗戦になり差し馬の出番、後者は適性が分かっている=タフな差し馬がまくって先行馬を潰す可能性もあり。

何が言いたいかと言うと、「全体の」傾向はつかんだとしても、レースを動かす馬の有無で展開はどうとでもなってしまう。つまり大阪杯2018予想する上で「展開」をどう読むかで本命馬も、それに近い本線の相手選びも変わってくるということです。

 

なので、先ずは各馬の個性をしっかりと把握して「こういった展開になれば向く馬は…」の材料として考えを持っておきたいものです。

と、こんなことを前提に大阪杯2018予想オッズをみてみると…

スポンサーリンク


大阪杯2018予想オッズ/穴馬

6番人気 ダンビュライト 14.5
7番人気 ペルシアンナイト 15.8
8番人気 ウインブライト 23.0
9番人気 トリオンフ  26.3
10番人気 ヤマカツエース 44.2

netkeibaさんの大阪杯2018予想オッズより。
以下私の各馬に対する思い込みと偏見です。

 

◆ダンビュライト
馬キャラとしてはキレる脚が全くなく、バテ辛い。つまり後ろにいては何もできない(余程の超絶ハイペースが前が勝手につぶれるなら後ろにいても可能性はなくはないですが=そういう展開を想定するならピックアップする、と言う事です)。これは戦績をみれば分かる通り、大きく凡走はしないが勝ち切れない馬キャラと言う事。でもAJCC杯勝っているじゃん?に関しては、レースを見れは分かる通りマイネルミラノが先頭、ダンビュライト2番手、後ろは離れているという縦長、つまりキレる脚がないダンビュライトが「なだれ込む」のにピッタリな展開になったと言う事。もう一回、G1の舞台でそれがあるとするかないとするかの選択をする、ということです。私は大阪杯2018予想オッズくらいの人気なら「ちょっと買う」程度で重用するつもりはありません。

◆ペルシアンナイト
マイルCSがあまりに鮮烈な末脚で「それ」に幻影をみた方が多かった結果の中山記念、でしょうか(もちろん休み明けもありましたが)。基本的に私は「他の馬と違う競馬をした馬はハマッただけ」を前提に競馬に臨みます。つまりペルシアンナイトのマイルCSがそれ。だって見た目ハデなら自走人気になるじゃないですか。で、簡単に飛ぶ。リスクとリターンのバランスが悪いのです。で、人気が落ちたら買う、がセオリー。ベストは1800mくらいだとは思いますが、そこは「皐月賞2着馬」で皐月賞と似た舞台、で叩き二戦目。大阪杯2018予想オッズ通り人気が落ちている…穴として狙うには良いタイミングではないでしょうか(本命にするには覚悟入りますが)。

◆ウインブライト
この馬にはお世話になったことが多いですが中山記念は「頭はない」として失敗。「皐月賞の舞台=中山」に類似していると考えれば買うことはできますが、能力的にはこのメンバーに入ると1枚落ちるか。まさしく中山記念と同じような展開になれば着はあってよいが…と言ったところ。東京ではキレ負けするキャラですし「G1でチャンスがあるとしたら」天皇賞春を見据えた馬もいるここだとは思いますが…やはり「ちょっと買う」程度が丁度良い扱いだと私は思います。

◆トリオンフ
前走小倉大賞典は、斤量・相手に恵まれたと(ってG3ですから当たり前ですが)は言え外枠から完勝の競馬内容であのレースが出来ればここでも上位には十分になれるお馬さんだと思います。痛いな…と思った完全に手の内に入れている川田騎手の乗り替わり(アルアイン騎乗)ですが、田辺騎手という「中山マイスター」を手に入れたのは「皐月賞の舞台=中山2000m」と見れば心強い。瞬発力の差は大阪杯2018予想オッズ人気上位馬と比べればありますが、レースセンス、持続力なら十分対抗できるはずです。願わくは真ん中位の枠からふわっと先行したいところですね。

◆ヤマカツエース
結構ここは意見が分かれると思うのですが、私は「買い」たいと思っています。前走、金鯱賞は情けないレースで過去2回勝っているレースだけに能力減?と思う部分もありますが、そもそもこれまでは挑戦者として「ここ勝負」の意味合いが強かった金鯱賞でした。今年は「大阪杯」を目標にした「たたき台」の意味合いでの金鯱賞。ゆえに、オデブちゃんでした。もしこの馬でG1勝負するなら大阪杯の舞台がベストでしょうし年齢的にも当然ラスト。条件はいろいろと違いますが昨年大阪杯の舞台で3着した馬。確率はともかく大阪杯2018予想オッズでここまで人気がないなら買いたい馬の一頭です。

スポンサーリンク


 

と、大阪杯2018予想オッズをみてアレコレと各馬に考察めいた思い込みを書いてみました。

見て頂いたとおり、ポジティブに捉え得ているのがペルシアンナイト、トリオンフ、ヤマカツエース。そうでないのがダンビュライト、ウインブライトです。

東京2000mでレースをするならまた違う馬を選ぶと思いますが、舞台は「阪神2000m」です。この条件であればサトノダイヤモンドに先着、シュヴァルグランに先着出来る馬がいると思います。

 

※大阪杯2018予想【当日】記事はこちらです→大阪杯2018予想*ストーリー・画いた絵

競馬は観ても面白いですがギャンブルですから不安がある人気馬を重用する意味はない、とのスタンスですね。(まあここら辺は個人の自由ですが)

それでは、今週もあと一日、サラリーマンにとっては年度末。「顔晴って」っていきましょう!

PR【2018年】勝てる競馬サイトを教えます。

無料情報では確実に買うべき馬を公開。最終目的は【勝つ為の競馬】です。
先週は無料情報で、な・ん・と4レース的中。
しかも、50,350円勝ちの的中も!
無料でこれだけ勝てるなら情報はゲットするべきですよね。


今週は大阪杯(G1)の買い目が無料で見れちゃいます。

勝てる情報があちこちに転がっているんです。
大人気の「金の鞍」を使わない手はありません。
春競馬のスタート「大阪杯」も幸先良く獲りましょう!
→ 競馬で負けたくない人はコチラ