こんにちは!

フェブラリーステークス2018予想と小倉大賞典2018予想をサクッと。
今日は2記事に分けようかと思っていたのですが、まとめて書きました。

 

昨日の京都牝馬Sは◯◎△決着!馬券は「考えてみてください」レースでしたが結果は…

3連単勝負で的中も「一頭変な馬来い」のスタイルで行って結果人気馬決着で安くリターンは微妙。

馬券は◯▲☆→◎⇔印の◎2、3着と予想で書いた通り◎が来るなら◯セットで…として◎◯→◎◯→印の◎1、2着で◎1着までと2着を購入。結果200円的中。

 

結果が上記馬券で残念ながら「もう一頭」は堅め。これは狙った結果が違うので仕方ないですね(苦笑)

▲か☆が勝てば配当ハネますし、◯が飛べばさらに。加えて変な馬が来ればドン。の狙いが普通に1番人気が勝った。余白(欲望)も買ってプラスなので文句はいえない。。。

絞ってドカンをする時もあれば3頭選ぶ馬券は他力本願馬券がハネる時もある。そして私の場合ワイドで手堅く行くときもある。

 

ということでリターンはエバれたものではありませんが勝負にいったレースが当たり今週のプラスは決まったので気楽にいきたいと思います。

フェブラリーステークス2018予想と小倉大賞典2018予想です。
お気楽にお付き合いください。

スポンサーリンク


【フェブラリーステークス2018予想】

週中にフェブラリーステークス2018予想オッズみてアレコレで書いた通り、テイエムジンソクとゴールドドリームにぶつける馬を探すレースになります。

ただ、枠順が決まって悩みも。

 

内枠にニシケンモノノフ、ノボバカラが入り真ん中から外にテイエムジンソクが。

加えて内枠引いたら沈む可能性高かったサンライズノヴァが外枠を引いたことで、レース展開によっては頭もひょっとしてまで出てしまいました。

とりあえず分かっていることとしてはニシケンモノノフ、ノボバカラが内から先頭を伺うところに、マイルお初テイエムジンソクが逃げを主張するor早めに動くことは決まっているということ。

 

何度も書いている通りテイエムジンソクは「色気を持って溜めると」切れる脚がないため良い結果にならない。逆に早めに動いてタフな展開にすることで自信は粘り後ろを苦しくさせる。

芝・ダートの違いこそあれキタサンブラック戦法が得意。

 

つまりキタサンブラックが勝つ競馬をした時に上位に来るタイプを探す作業をすればよいと。(テイエムジンソク自信が粘れるかは不明。)

※ゴールドドリームとサンライズノヴァは別枠。テイエムジンソクがタフなレースを作ればこの2頭は自働的に飛んできます。

昨年の大阪杯で言えばステファノス、有馬記念で言えばクイーンズリング。内枠+先行で上位の上がりを使わずなだれ込むような馬。

 

◎インカンテーション

ええ、週中に書いたお馬さんそのままです。スローからの直線ヨーイドンでは出番がありませんが、上がりがかかる展開になれば馬券圏内はチャンスあり。

変にテイエムジンソクを追いかけずぬるっと自分の競馬をすれば、テイエムジンソクが逃げ馬陣をやっつけたあとぬるっと顔を出す。

 

◯ゴールドドリーム

言うまでもなく破壊的な差し脚でまるっとまとめて差し切る。外枠も良い。

▲テイエムジンソク

粘れるかどうかは走ってみて。私は好きなタイプ。

☆サンライズノヴァ

フェブラリーステークス2018予想オッズみてアレコレでは辛口コメントを書きましたが、根岸ステークスの後ではかなりの期待を込めたお馬さん。
外枠引いたことでチャンスが生まれまたテイエムジンソクがつくるタフな展開も向く。

前走2キロもノンコノユメより軽かったのにねじ伏せられたわけですが枠が今回ノンコノユメより外枠で競馬がしやすくなる。

スポンサーリンク


フェブラリーステークス2018予想・印まとめ

◎インカンテーション
◯ゴールドドリーム
▲テイエムジンソク
☆サンライズノヴァ
△ノンコノユメ
△ロンドンタウン
△サウンドトゥルー
△アウォーディー
△ケイティブレイブ

印下3頭は距離不足で買うつもりは全くなかったのですが前がパタっと止まったら顔を出す可能性あるため一応。思ったより人気ない。

馬券は◎が勝つなんてまーーーったく思わないので…上記の通り☆サンライズノヴァまで頭の可能性出てしまった&欲望も込め…

◯▲☆→◎→印/◯▲☆→印→◎の2、3着付け3連単。重ねる時は上記の通り下3頭は無視。

ただ直線早々に◎が沈んだ場合ツマラナイ直線を眺めることになるので…その覚悟を持って競馬を楽しみたいと思います。

といった、フェブラリーステークス2018予想でしたー

スポンサーリンク


【小倉大賞典2018予想】

この土日の重賞テンションで言えば、、、

京都牝馬S>フェブラリーS>ダイヤモンドS>小倉大賞典なのでかなりやる気はないです。

ここら辺んテンションの上げ下げは好き嫌いあるかと思いますが、だってそれが私ですからソレはソレとしてお付き合いください。

 

◎ダノンメジャー

ここ数戦無駄に適正距離外のレースに使われておりようやくのhome1800。【2,0,0,1】の小倉も合わさり他の先行馬が比較的外枠に集まったことですんなり自分のポジションでレースができれば。

小倉大賞典2018予想・印まとめ

◎ダノンメジャー
◯トリオンフ
▲ストレンジクォーク
☆スズカデヴィアス
△ダッシングブレイズ
△マサハヤドリーム

と印はつけましたが、◯は買いません(笑)

本線は◎〜▲☆の馬連ワイド。馬券はそれだけにする…かも。
◯が飛んだときボーナスで◎〜▲☆〜▲☆△△の3連複を100円だけ買うかも。

じゃあなんで◯つけたんだって話ですが…ちゃんとした反論はありません。

 

まああえて言うならもともとは手広く楽しもうか…とも思っていたのですが手広すぎて収拾がつかなくなりそうだったので、「別にいいや…」となりました。

といった、フェブラリーステークス2018予想と小倉大賞典2018予想でしたー。
今日も競馬楽しんでいきましょう!!

PR【フェブラリーSを読み解く】注目は上位4頭と赤文字

遂にやってきました2018年初のG1レース「フェブラリーステークス
そして「ダイヤモンドS」「京都牝馬S」「小倉大賞典」と重賞が4レースと楽しみな週末ですね。
的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「フェブラリーステークス」を分析してみました。

こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
データの蓄積で予想精度が上がるので注目すべきは直近の過去データ
つまり「2017年のデータ」となるからです。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録して試してみてくださいね!

それでは分析結果です。

2017年は1着から3着まで指数予想の1位から4位までで決着する結果でした。つまり、注目すべき点は「上位4頭」「赤文字のコラボ@指数」です。
過去のレースからデータが蓄積され、しっかり反映されているように感じます。
2014年の1着馬以外すべて指数値30以下で決着しています。

このフェブラリーステークスの指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。
是非チェックして過去データと照らし合わせてみてくださいね^ ^
⇒ こちら